「有田生活と健康を守る会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活福祉資金を借りいれてエアコン・クーラーの設置を

<<   作成日時 : 2011/08/03 10:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【問】エアコンがなくて熱中症で高齢者が死亡したと新聞に出ていましたが、エアコン設置の費用のための低所得者への補助制度はありますか。

低所得者は生活福祉資金活用を

【答】この費用は、低所得者を対象にした生活福祉資金で借り入れができます。

厚生労働省は、生活福祉資金の福祉費の「その他日常生活上一時的に必要な経費」として貸し付けるとしています。このことについては、昨年9月の国会でも厚生労働省の山井前政務官が生活福祉資金で貸付できると答えています。

【問】貸付額などの条件はどうですか。

【答】貸付の限度額すえおきは50万円で、据置期間は6か月、償還(返済)期間は3年です。保証人をつけた場合は利子は無利子で、保証人がない場合は年1・5%の利子になります。
.
このように原則として保証人が必要ですが、ない場合でも貸付が受けられます。

【問】生活保護世帯も、この貸付金でエアコン設置の費用は借りられますか。

生活保護世帯も貸付金の活用を

【答】生活保護世帯の場合、生活福祉資金の貸付が「自立更生に役立つ」と判断された場合、貸付金は収入認
定されず、償還金は収入があれぼ収入から必要経費として控除されます。ここでいう収入とは、年金をはじめすべての収入です。しかし、これまで厚生労働省はエアコンについては認めていませんでしたが、今年7月19日に「通知」を出し、エアコン設置費用も借りられるようになりました。

【問】どう改正されたのですか。

【答】「生活保養法による保護の実施要領(実施の目安)」の一部改正です。「収入として認定しないものの取扱い」の中で、その貸付対象の一つの「暖房設備」を「冷暖房設備」に変更しました。(左表を参照)これによって、エアコン設置の購入費用も借り入れの対象になりました。

生活保護の一時扶助の活用を

【問】生活保護の一時扶助でエアコンの設置費用が支給されると聞きましたが。

【答】生活保護の一時扶助でのエアコン・クーラーの設置費用については、2002年に実施要領が改定され、一定の条件の下で支給されることになっています。「保護受給中に保有が容認された物品で保有していず、

@保護開始時、

A長期入院の退院時、

B災害にあったとき、

C転居によって家の構造上必要になったときで、必要性・緊急性がある場合、家具什器費として支給する」ことができるとしています。

ただ、支給する条件を4つの場合に限定していることと、支給の特別基準が4万400円以内になっています。条件の拡大と支給金額を引き上げさせることが大切です。

【問】エアコンのない人たちに知らせ、申請して活用してもらうことが大切ですね。

【答】そうです。低所得の人や生活保護を受けている人も生活福祉資金貸し付けの申請をしましよう。生活保護を受けている人は一時扶助の申請をしましよう。くわ詳しくは、もよりの生活と健康を守る会に問い合わせをして下さい。

画像

生活と健康を守る新聞2011.6.7

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

生活福祉資金を借りいれてエアコン・クーラーの設置を 「有田生活と健康を守る会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる